2018年07月11日

明治メランコリア 7巻

リカチ
少女時代に遊郭から身請けされた鈴も15歳。激動の明治を舞台に、女学生となり美しく成長した鈴の愛と波乱の物語。『明治緋色綺譚』の続編開幕です。



--------------------------------------------------

今回は1冊108円で読みました♪
借りるの2年ぶりなのですが、値上げしたみたいです
それでも結局安いので、また利用します。
今回30冊借りたので、毎日電車の中で読んでいきます。

--------------------------------------------------


明治メランコリアシリーズレビュー

『明治緋色綺譚』の続編です

明治緋色綺譚の終わり方も良かったですけど、1話完結でもいいから未来の幸せのこぼれ話がほしいと思っていたところ、普通に続編が連載されていました

前編では子供でしたが、成長して素敵なお嬢さんになった鈴子の物語
相当な美少女で、洋装も和装も美しいです




--------------------------------------------------

明治メランコリア 7巻のネタバレ感想あらすじ


頭を打った鈴子。助かりましたが、記憶をなくしてしまいます。

ランプ 使い方わかる。
文字 読める
歩く上る食べる

けど、人と場所の記憶だけがすっぽり抜けてしまっています。



馴れ馴れしい津軽にドン引きしちゃう鈴子
バカ河内に「遊郭にいた鈴ちゃんを津軽が見受けしたんだよね!」と言われ、津軽にどんっっっ引き


津軽のお母さんてやっぱ素敵な人
「また出会いから始められるなんて楽しいじゃない」
「忘れたんならまた作り直せばいいのよー」

母親とはしらない鈴子に先ほどの見受けの話を相談されて、
「いいわ!それ ざまぁないわ津軽!!」と大爆笑

鈴ちゃんは津軽のこと好きだったのにねぇと言われて鈴子は動揺します
今はどうしても苦手な相手なのねー。


わんちゃんのことも忘れちゃったか。

津軽、結構ショック受けてますね。
超動揺して「待ってるって あの時君はそうー」

・・・ってキスしちゃったよー

こんな津軽初めてで読者としてはうれしい(笑)
ビンタされて「大嫌い」と言われてしまってますけど。

このシーン好きすぎて何度か読み返してる
いっぱいいっぱいな津軽
うふふ(*´艸`*)



平賀さん、すぐ事情説明してくれるような人で良かった。
お互い状況把握できました。

平賀さんと婚約状態だと知り、
「私が手におえないふしだらな妹だからなんですね!!」とパニック状態の鈴子(笑)

ずっとずっと津軽に向けていた笑顔が、今は春時に向けられていて津軽大ショック



愛染にも・・・ばれてしまいます

愛染・・・自分が娘婿になる気です。
(そんなん、ひなさんが可哀想すぎる・・・ほんとは絶対どこかで悲しいって思ってるはず・・・)

平賀さんも、母親に婿の話断ってないでしょうねと言われてしまい・・・
展開が気になります。



おじいさんにまっすぐぶつかっていく、記憶のない鈴子。
ちょっといい関係築けそうなのでは?

息子さんご夫妻は、おじいさんを恨む人間に殺されたそう・・・
春時も心配するわけだ。
ぽっとでの跡継ぎの鈴子なんて相当危険ってわけですね。



ラスト1話は鈴子の幼いころのエピソード。
あったまります




--------------------------------------------------






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Twitter プロフィール
さくらもち/OL/気がつけばアラサー
ライターページ
花よりさくらもち
♡さくらのおすすめ漫画♡
ライン読者
リンクご自由に♡
リンクご自由に♡
引用も、引用元リンクつけていただけるなら許可要りません♪
スポンサードリンク
♡コミックランキング♡
私のおすすめ
コミックレンタル

電子書籍 コミック